カテゴリー「旅行・地域」の26件の記事

カンボジア観光~アンコールワット

2/20(月) 昼食とホテルでの休憩を挟み、15:00過ぎからアンコールワット見学へ。

冷房のきいたバスを降りると、とたんに蒸し暑さでぼ~っとしてきますsweat01

↓人だかりとエントランスの奥に見えてきましたsign01 

Cambodia_chi_079ss

Cambodia_238ss

↓ガイドさんお薦めの撮影ポイントからのアンコールワットlovely

Cambodia_244ss

↓第一回廊は人でいっぱいsign03

Cambodia_247ss

↓第二回廊の外部彫刻

Cambodia_257ss

 

遺跡の中はどこへ行っても人・人・人。凄いことになっていますwobbly

遺跡の中央部へ進み、第三回廊見学の列に並びます。

Cambodia_255ss

私達は1時間半近く並びました。日本に扇子を忘れてきたのが悔やまれますcoldsweats01

17時前にやっと第三回廊へ上りました。

↓第三回廊から見下ろす正門方面

Cambodia_267ss_2

Cambodia_chi_088ss

Cambodia_chi_090ss

Cambodia_277ss

Cambodia_270ss

↓第二回廊を見下ろす

Cambodia_274ss

↓第三回廊内部見学を終え、上ってきた急階段を下ります

Cambodia_281ss

↓17時15分過ぎても急階段を上る鈴なりの人ですcoldsweats02

Cambodia_283ss

↓石積みをしてある所があったので、私達も記念の石を積んできましたhappy01

Cambodia_285ss

↓第一回廊内部彫刻

Cambodia_289ss

Cambodia_288ss

Cambodia_292ss

↓ちー隊長が野生のお猿さん発見sign03

Cambodia_chi_096ss

Cambodia_chi_097ss

↓17:37 夕陽に染まるアンコールワットshine

Cambodia_297ss

↓お掘からのサンセット見学でアンコールワット観光は終了です。

Cambodia_chi_102ss

この後アプサラダンズを楽しみながらのビュッフェディナー会場へと向かいました。

今旅行で毎回撮った食事の写真は、どれも微妙にブレていて撮影失敗weep

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

カンボジア観光~アンコール・トム

2/20(月) 終日アンコール遺跡群観光~note 

↓8:50 遺跡パス発券所は既に長蛇の列。 一日券($37)はツアー代金に組み込まれていましたが、券面に各人の顔写真が印刷されるため、撮影の順番待ちですsweat01

Cambodia_156ss

↓アンコール・トム 南大門から徒歩で見学の始まりです(しかし凄い人・人・人)

Cambodia_157ss

アンコール・トムはアンコールワットよりも新しく、12世紀末~13世紀に作られました。

↓南大門

Cambodia_chi_043ss_2

↓バイヨン寺院(各塔には東西南北4面に菩薩の彫刻が施されています)

Cambodia_chi_049ss_2

Cambodia_171ss

素晴らしい彫刻のオンパレードですが、なにせ人・人・人の列で、ゆっくり鑑賞することができませんcoldsweats01 

Cambodia_chi_051ss_2

↓現地ガイドさんが盛んにPRしていた「京唄子」さんhappy01 一定年齢以上の人にしか通じないそうだが、確かにソックリsign03

Cambodia_chi_053ss


Cambodia_chi_054ss

↓現地の子供。被っている葉っぱ製の帽子がイイかんじ(^^)v

Cambodia_187ss_2

↓バブーオン。11世紀中頃三層からなるピラミッド型寺院として建てられました。東塔門からバブーオンに続く参道は、空中参道と呼ばれています(画像右下)

Cambodia_189ss

↓橋げたから望むバブーオン

Cambodia_chi_059ss

↓空中参道は、高さ1.5mの円柱に支えられています

Cambodia_191ss_2

 

↓象のテラス

Cambodia_chi_066ss

タプロム遺跡は、絡みつく大木が有名です

Cambodia_chi_073ss

Cambodia_216ss

Cambodia_chi_076ss

Cambodia_chi_077ss





 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

カンボジア観光~プノンペン

2/19(日) 半日観光~note


↓王宮(車窓より) 後ほど見学します

Cambodia_chi_009ss

↓独立記念塔(1953年にフランスから独立しました)

Cambodia_chi_011ss

↓(故)シアヌーク国王像

Cambodia_chi_013ss_2

↓王宮内広場にて、初めて見た砲丸の木と花・実(直径20cm位)

Cambodia_048ssCambodia_050ssCambodia_052ss

↓即位殿(内部は撮影禁止)

Cambodia_059ss

幸せを呼込むとのことで、(行事等では)曜日によって着る服の色が決まっているそうで、カンボジア人は自分の生まれた曜日と、ラッキーカラーを知っているそうです。帰宅後調べた所、ハイジとちー隊長は共に木曜日生まれでしたsign03

ラッキーカラーは「」 偶然にも自宅リビングもグリーン系ですよ~clover

左から日曜日・赤、月・オレンジ、火・紫、水・黄緑、木・緑、金・青、土・濃い紫

Cambodia_063ss

↓シルバーパゴダ(床が銀板で出来ている)

Cambodia_066ss

↓王宮公園内の御聖水

Cambodia_070ss

↓御聖水回りの植物の葉には願い事が書かれていました

Cambodia_067ss

↓国立博物館(クメール様式の美しい建物でした)

Cambodia_080ss

↓エントランスにあるガルーダ像(撮影無料) 1$支払えば館内撮影可でした

Cambodia_081ss

↓プノンペン最高所(27m)にある仏教寺院・ワットプノン(1373年建立)

Cambodia_084ss

↓燕や雀を2羽1$で購入し、願かけをしながら放つ風習だそうです

Cambodia_085ss

↓ワットプノン内部。仏日なので沢山の人がお参りしていました

Cambodia_090ss

↓蓮の花と一緒にお札がお供えされています

Cambodia_091ss

↓セントラルマーケット

Cambodia_094ss

↓中央がドームになっており、東西南北に入口がありました

Cambodia_096ss

Cambodia_chi_030ss

Cambodia_chi_032ss

↓美味しそうな生春巻きですが、この後ランチなので我慢しましたcoldsweats01

Cambodia_chi_034ss




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カンボジア観光~概略

2/18(土)~22(水) 4泊5日(現地3泊)のツアーで、カンボジア観光に行ってきました~note

昨年9月から首都プノンペンへの直行便が全日空から就航されており、初日はプノンペン(泊)、二日目半日観光後陸路移動でシェムリアップへ。

↓2/18 現地時間15:35 プノンペン国際空港着

Cambodia_005ss

シェムリアップで二泊し、四日目は観光しながら陸路でプノンペンへ戻り、機中泊にて五日目朝帰国しました。

プノンペン~シェムリアップ間を飛行機にしなかったのは、移動疲れはするものの、車窓から現地を観察したかったからでしたeyenote

ツアーを選ぶにあたり、一番目当てのアンコールワット・第三回廊へ上れる事も重要でしたflair カンボジアには仏日があり、その日は第三回廊は見学不可なのですdanger

↓アンコールワット(第三回廊は5つの塔がある部分)

Cambodia_242sspp


長蛇の列による待ち時間を嫌うためか(時間が読めなくなるため?)、ツアーによっては、第三回廊見学を組み入れていない所が幾社もありました。今後行きたいと思われる方は、ぜひこの2点チェックをお薦めしますwink

↓2/20(月) 16:00 第三回廊見学のための長蛇の列。
私達はガイドさんの見立てによると、この時点で1時間待ち。

Cambodia_253ss

↓16:12 ガイドさんの見立ては流石です

Cambodia_255ss


明日以降写真まとめてUPしま~すhappy01

clip基本情報

時差:-2時間(日本時間17:00=現地時間15:00)


使用した通貨:USドル。1ドル≒4000リエル。
1ドル未満のおつりは現地通貨(リエル)で返ってきます。
帰路、有料トイレ(1回500リエル)で使用しました。

気候:熱帯モンスーン気候で高温多湿。雨季(5月中旬~11月上旬)と、乾季(11月中旬~5月上旬)があり、最適期は乾季の前半(今回はギリギリか
あぢかった
sweat01sunsunsun

アンコールビール&カンボジアビール(共に330ml)
コンビニ$0.68、レストラン$2、露店&土産物店$1


Cambodia_026ss





| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

成田なう

成田なう

カンボジアに行ってきま~す♪
帰宅は22日水曜日です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

赤城のレンゲツツジ

6/10(金) 最盛期のレンゲツツジを愛でに、赤城山へ行ってきました~note

とは言っても、今回は登山ではなく、ドライブ&観光・女子2人旅ですhappy01

ハイジは赤城は何度も登っており、昨年五月には外輪山一周もしましたが、赤城神社や覚満淵を巡ったことはなく、友人は赤城エリア自体が初めての訪問ですshine 故に新坂平付近のレンゲツツジも初見でしたlovely


↓白樺牧場のレンゲツツジ

Dsc_0534ss

10万株の群生と言われています

Dsc_0535ss

↓鍬柄山(中央)直下の斜面もオレンジに染まっています♪

Dsc_0555ss

↓見晴山展望台付近より見下ろす

Dsc_0540ss

大沼の南東に位置する覚満淵は、周りを囲んで木道が整備され、1周30分ほどのハイキングが楽しめます。(※観光案内文より抜粋)

↓覚満淵は周囲0.5kmほどの小さな湿原。

Dsc_0557ss

歩いてみたところ今年は水不足のため、湿原にもかかわらず淵は乾いておりました。白樺牧場もそうでしたが、全体的に下草も乾き気味で、お花の艶やかさが今一つかなぁ・・・。
それでも十分見応えがありましたlovely


↓レンゲツツジは群馬の県花。花が大きくて、山ツツジ系より華やかですね

Dsc_0565ss

↓鳥居峠より見下ろす覚満淵(オレンジ色はツツジです)

Dsc_0567ss_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ネモフィラとチューリップ

4/22(金) ちー隊長&母と三人で、ひたち海浜公園に行ってきました~note

お目当ては、ネモフィラの群植。

今年は暖かく例年より見頃が2週間程早まり、既にピークは過ぎており楽しめるのはこの週末までとのことで、好天予報のこの日、ちー隊長も休日だったためお弁当を持って急遽行くことにしました。

ハイジはネモフィラを見たのは初めてでした。公園の案内によると、北アメリカ原産の一年草で、和名を瑠璃唐草(るりからくさ)と言うそうです。オオイヌノフグリを大きくした感じで、花の大きさは開いた部分で直径3~4cm位でしょうか。
勝手なイメージでサフィニア位の、もっと大きな花かと思っていましたcoldsweats01

Dsc_0437


↓画像右側の黄色い部分は菜の花です

Dsc_0441


平日ですが、多くの人で賑わっていました!   


Dsc_0461ss


チューリップが見頃ということで、そちらのゾーンでお弁当を食べようと行ってみました。
行ってみてびっくりlovely 全然期待していなかったのに、見事なガーデンですsign03


Dsc_0489ss


こんなに多種類のチューリップを見たのは初めてでしたlovely

Dsc_0475ss   


↓藤色の部分は、小川に見立てたムスカリです
Dsc_0481ss


正にアートな世界ですshine

Dsc_0488ss


Dsc_0499ss


ガーデニングが趣味の母も、この美しさをとても喜んでいましたshine
私達の感想は、ネモフィラよりも、こちらの方が良かった~で一致ですhappy01


那珂港おさかな市場で海の幸を仕入れ帰宅しましたfish

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

コキアを愛でに♪

10/13(火) 母と母のお友達をお連れし、国営ひたち海浜公園に行ってきました~note

ひたち海浜公園といえば春はネモフィラの群生が有名ですが、秋はコキアの紅葉ですねwink
Kokia2015_013ss_2


コキアは和名をホウキグサといい、昔はこの茎を乾燥させてほうきを作っていたそうです。実は「とんぶり=畑のキャビア」といわれています。(パンフレットより抜粋) 植えられているものは観賞用ですが。



Kokia2015_020ss


夏の緑色から徐々に染まりグラデーションが見頃なので、平日にもかかわらず多くの人で賑わっていました。
Kokia2015_041s


初めて見たコキアの紅葉は、ポワ~ンとしてかわいくて癒されましたlovely
今後真っ赤に染まるのも見てみたいな~noteKokia2015_044ss

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日光紅葉狩り

10/18(土) 快晴の週末、友人と日光へ紅葉狩りに行ってきましたnote

(前日の報道によれば)中禅寺湖畔の紅葉が見頃を迎えたとのことで、相当の混雑を予想し4時前に自宅を出発rvcardash

途中、いろは坂の色づきは半分ほど?でしたmaple

三本松茶屋Pに車を止め、7時半頃から戦場ヶ原を散策しました。

↓一面ススキも美しい戦場ヶ原より望む男体山

Dsc_0019

↓中央奥・山王帽子山、右・太郎山

Dsc_0029ss


湿原だけではなく、黄葉したカラマツやミズナラ林を歩く部分や、藻が美しい小川の畔を歩いたりと、良く整備され変化に富んだ景観の楽しい散策路でした。
高原の凛とした空気を深呼吸&何度大きく伸びをしたことかhappy01

↓有名?な倒木のオブジェ


Dsc_0046ss

散策後は中禅寺湖畔へ移動し、11:00発の遊覧船に乗りました。(¥1,500-)
乗船を待つ間に、ソフトクリームを頬張ることも忘れませんbleah


↓桟橋の後方に男体山が大きく聳えています


Dsc_0049ss

↓行く手には友人と8年前同時期に登った奥白根山が見えますfuji

Dsc_0053


↓有名な八丁出島の紅葉です(上空には報道のヘリが飛んでいました)


Dsc_0097ss


↓航路は近くを通りますnote(船内も最高潮にヒートアップ)

Dsc_0103ss


↓八丁出島の後方、奥白根山を見おさめます


Dsc_0107ss


1時間のクルーズを終え日光レイクサイドホテルでランチ後、渋滞を避け早めに帰路に就きました。

 
周辺の山に登るために何度も訪れていた日光ですが、初めての戦場ヶ原散策や湖上一周観光船乗車は、それらの山々を眺めることもできとっても新鮮でしたshine

~オマケにhappy01

↓手先の器用な友人作、オリジナルチャームをいただき感激sign03lovely

Dsc_0112ss


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

旅の締めくくりは

北海道の山旅・締めくくりは

Hokkaidou_726

8日間車中泊だったので、帰路は奮発してデラックスルームにしました。

ちなみに車とドライバー分は¥54,520-です。

Hokkaidou_720

ユニットバス&トイレ、冷蔵庫やポット、テレビ、DVDデッキなどがあります。

船内には給湯室や電子レンジもあるので、乗船前に苫小牧のスーパーで食糧を買い込み、楽しかった山旅を振り返りながらbeerwineしましたnote

延べ1400kmの運転は、初日自宅から大洗間だけハイジ担当で、後は全て隊長にしていただきました。二人別々に歩んでいた若い頃の話・北海道の思い出等も互いに話し、今回新たに共通の思い出を加えることができましたshine

ちー隊長本当におつかれさまでしたsign03 そして ありがとうheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|