« 篭ノ登山(かごのとやま) | トップページ | 奥日光・高山 »

女峰山&丸山

6/6(火) 栃木百名山巡りも兼ね、霧降高原から赤薙山~女峰山を歩いてきました~note

前夜・道の駅日光で車泊(24hコンビニあり)


女峰山はハイジは2度目、ちー隊長は3度目のお山ですが、今コースはハイジは初めてです。下山時足を延ばした丸山は二人共初めてで、霧降高原側からの女峰山フルコースメニューを満喫しましたfujiscissors



5:15 (登山者用)第三駐車場出発。(トイレ&靴洗い場あり)

5:19 天空回廊階段始点通過。

↓ベニサラサドウダン

Dscn8962ss



↓5:38 天空回廊と言われている階段は、要所で段数の表示あり

Dscn8972ss
Dscn8975ss

5:50 天空回廊1445段を終え展望台通過。


↓ 5:55 小丸山より望む赤薙山(2010m)

Dscn8982ss



↓6:11 振り返ると雲海ですsign03(丸山・左&小丸山・右、左奥・高原山)

Dscn8994ss


↓6:27 笹原の緩やかな道を行きます(赤薙山・左)

Dscn9004ss


↓6:35 丸山も低くなってきました。

Dscn9019ss

肉眼では滝雲も見えましたsign03 いつまでも見ていたい光景ですshine

右手彼方には飯豊連峰もfuji


↓6:28 コザクラ系のお花

Dscn9007_2ss


↓イワカガミ

Dscn9011ss

笹原から樹林帯へ。


↓6:37 直登コースを行きます。

Dscn9021ss


↓6:44 コメツガ林

Dscn9024_2ss

↓6:55 栃木百名山・赤薙山(2010m)通過。

Dscn9030ss_2


今コース中でやや歩き辛かったのは、赤薙山~奥社間でしたflair

普通の登山道ですが、他の区間が穏やかなのに比べてですけれどbleah

↓7:02

Dscn9039ss_2_2

↓7:10

Dscn9041ss_2

↓7:35

Dscn9046ss

↓7:38 

Dscn9049ss



細かな起伏や、段差の大きな木の根張り出し道等で、この区間は上り下り共コースタイムを短縮できませんでしたcoldsweats01 


↓7:45-7:55 赤薙奥社跡(小休止・パン)

Dscn9050ss


奥社から一旦下り登り返します。

↓8:15 ヤハズ通過。 

Dscn9054ss

ヤハズ~一里ヶ曽根間はなだらかな稜線歩きです。

↓8:18

Dscn9058ss

↓8:19

Dscn9059ss

↓8:23 ミツバオウレン

Dscn9062ss
Dscn9063ss


↓8:32 右手樹間に会津駒が見えてきました~fuji

Dscn9064ss

↓8:43 ダケカンバとシャクナゲ林

Dscn9067ss
Dscn9071ss

↓8:45 独標(2295m)通過女峰山が見えてきました。

Dscn9073ss
Dscn9076ss



↓水場へ向け下り、正面のピークへ登り返します。

Dscn9080ss

↓8:59 水場標識から独標を振り返る

Dscn9085ss

↓水場は登山道から僅かに逸れた所にあります。

Dscn9082ss

↓9:16 女峰山は左から3番目のピークです

Dscn9090ss


↓9:26 上画像の左端ピーク直下へ、やや急な岩稜を登ります

Dscn9091ss


↓9:30 絶景最高\(^o^)/\(^o^)/


Dscn9093ss

↓奥白根山(左)、太郎山(中央)、至仏山(右端

Dscn9094ss

↓燧ヶ岳をズームでnote

Dscn9095ss


↓9:35

Dscn9098ss


↓9:40

Dscn9100ss_2

↓9:41 ハイマツの尾根を登り詰めます。

Dscn9101ss



↓9:50 三角点は山頂標識よりも手前にあります。(奥・女峰山頂)

Dscn9103ss


↓9:54 唐沢避難小屋からの合流点にある女峰神社。山頂まであと少し。

Dscn9104ss

9:55-10:20 女峰山(2483m) 大休止・パン。

↓微風&快晴の女峰山(後方・男体山)

Dscn9106ss

南からどんどん雲が湧いてきます。

肉眼では富士山が雲海の彼方にかろうじて確認できましたfuji




↓女峰山より望む小真名子山(左)、太郎山(中央奥)、帝釈山(手前)

Dscn9107ss


2010年5月下旬、志津乗越から女峰山~大真名子山を周回したことが思い出されます。

残雪踏み抜きズボ地獄で、帝釈山~大真名子山間・難儀しましたっけcoldsweats01


↓奥白根山(中央)をズームで。左奥は昨年同日に歩いた錫ヶ岳fuji

Dscn9109ss



休憩中20分程の間に、至仏や燧ケ岳、会津方面の上空にも雲が出てきました。

帰路は丸山へ寄るためより長いので、景色を見納め来た道を戻ります。

↓10:20 辿ってきた一里ヶ曽根の稜線も雲の中です

Dscn9115ss

11:10 水場通過。

11:20 独標通過。

11:45 ヤハズ通過。

12:00-12:15 赤薙奥社跡(小休止・パン)

↓12:47 往きに見逃していたイワカガミの白花eyesign03 蕾を見たのは初めてlovely

Dscn9126ss

Dscn9129ss

12:50 赤薙山通過。

樹林帯を抜けると霧降高原の名の如く、一面のガスで展望なし(> <;)


↓13:08 

Dscn9131ss

↓13:10 焼石金剛通過。

Dscn9132ss

今朝がたの雲海と清々しい青空は何処へ・・・。

展望なくとも下山には早く、当初の予定通り丸山へ向かいます。

↓13:30 小丸山分岐通過。

Dscn9134ss

緩やかな道を一旦下り登り返します。

丸山までの道は、標高1600m辺りからシロヤシオ祭りshineですsign03

Dscn9135ss

丁度見頃の良い時期に当たった様で、次々と目を楽しませてくれる光景に、二人共歓声を上げっぱなしnote\(^o^)/\(^o^)/

↓山頂直下は登山道両側シロヤシオ

Dscn9148ss

13:50-14:00 丸山(1689m) 小休止・パン。

Dscn9150ss


丸山からは八平ヶ原経由で下山します。


↓14:07 下山路にもシロヤシオがいっぱい

Dscn9153ss
Dscn9157ss



↓14:24 間もなく八平ヶ原標識です

Dscn9165ss
Dscn9167ss



↓14:45

Dscn9177ss
Dscn9178ss


↓14:59 第3駐車場への階段。トンネルを潜った先が(画像上部)駐車場。

Dscn9183ss



↓15:00 第三駐車場にあるトイレ(靴洗い場付き)

Dscn9185ss




お天気予報は直前まで悩ましく、前山行に続き再び上信方面か迷いましたが、こちらに決めて正解でしたhappy01


この日は14回目の結婚記念日heart04

霧降高原の宿で祝杯winewineを上げ、翌日・栃百の高山~龍頭の滝ハイキングを終え帰宅しました。





clip行動記録(休憩箇所&時間は記録通りです)

霧降高原第3P 5:15~小丸山分岐~赤薙山~7:45 赤薙奥社跡 7:55~一里ヶ曽根(独標)~水場(往復)~9:55 女峰山 10:20~12:00 赤薙奥社跡 12:15~赤薙山~13:30 小丸山分岐~13:50 丸山 14:00~八平ヶ原~15:00 霧降高原第3P

|
|

« 篭ノ登山(かごのとやま) | トップページ | 奥日光・高山 »

コメント

結婚記念日オメデトウございますheart04
相変わらずラブラブで羨ましい限りですhappy01

女峰山は素晴らしい天気sunsunと展望fujifujiでしたねnote

「ズボ地獄danger」・・・懐かしいフレーズですhappy01

白いイワカガミの蕾は初めて本レポで見ましたflair

丸山のシロヤシオ祭は本当に見事ですね~shineshine

投稿: 青空山岳会 | 2017年6月10日 (土) 07時55分

う・わっsign03 よっちゃん、まいど(^^)/ 
土曜日・朝にコメントいただいてビックリですよ~wobbly 今日お山へは行かず、明日にしたのですねgood

「白いイワカガミの蕾」よっちゃんも初見でしたかsign02 

往きにはもっと蕾んでおり、葉を良く見ずにカタバミとばかり思っていたんですよ
coldsweats01

丸山のシロヤシオは写真では上手く撮れていませんが、実際は沢山の木が満開で、本当に見事でしたlovely 何も期待していなかったのでラッキーでしたhappy01


投稿: ハイジ | 2017年6月10日 (土) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149798/65385021

この記事へのトラックバック一覧です: 女峰山&丸山:

« 篭ノ登山(かごのとやま) | トップページ | 奥日光・高山 »