« 四国へ行ってきま~す! | トップページ | 秋田・太平山 »

四国の二百&三百名山7座登頂

一昨夜延2400kmのドライブを終え、四国の山旅から帰ってきました~note

最終日夜・大三島の料理民宿に泊った以外、全て車中泊です。ちなみにETC利用の高速代(四国内でも移動時利用) ¥39,560- でした。

5/22(木) 夜8時に自宅を出発。

交代で運転しながらどこまで行けるかなぁ~と思っていましたが、名神吹田IC付近集中工事による通行止めと、それに伴う迂回路での事故で京滋バイパス上で3時間余り足止され、初日は淡路SAで2時間仮眠をとっただけのスタートとなりましたsweat01

Sikoku_004ss

5/23(金) 三嶺(名頃Pより往復) ※7/27追記:この山行記はこちらをクリック

5/24(土) 東赤石山(瀬場Pから周回)&瓶ヶ森(瓶ヶ森林道Pより周回)

↓東赤石山山頂(三角点のある山頂は2~3分先へ)

Sikoku_chi_022_ss
Sikoku_chi_024_ss


↓瓶ヶ森山頂

Sikoku_148_ss



5/25(日) 笹ヶ峰&伊予富士(旧寒風山トンネルより往復)


↓笹ヶ峰山頂

Sikoku_218_2_ss


↓伊予冨士山頂

Sikoku_255_ss


5/26(月) 篠山(第一Pより往復)

↓篠山山頂(大雨)

Sikoku_283_ss
Sikoku_282_ss

5/27(火) 三本杭(万年橋~御祝山~山頂往復)


Sikoku_chi_141_ss


期間中26(月)だけ終日雨に降られ、当初の計画では三本杭とセットで歩くはずだった所を、1時間強で最短距離から往復できる篠山だけとしました。

どのお山も山歩き自体は危険個所もなく、行動時間も短いハイキングレベルですが、移動に要する時間と、(車両感覚に慣れていないせいもありますが)細い林道の通行に神経を使い疲れましたcoldsweats01

特に篠山へのアプローチ・県道4号線から入る林道は、雪道もOKな運転歴の長いハイジですが、初めて運転するのが怖いと思いましたsign03

舗装されてはいますが車1台やっとの道幅で、待避箇所もカーブミラーも殆どなく、ガードレールもなく、路肩が崩れかけている箇所もありましたwobbly 大雨の日でたまたま?対向車と出合いませんでしたが、二度と通りたくない道でしたdangersweat01

駐車場はそこそこ広くトイレも整っており、地元の方々はこの怖すぎる道をどうしているのか??と思いましたが、現地駐車場案内板を見て納得flair 

私達が通った林道ではなく、帰路利用した篠山トンネル~祓川温泉~県道4号の道が遥かに安全でした。

↓県道4号線から林道出合にあった案内板(クリックで拡大します)

Sikoku_279ss

宿毛から行った場合、現在地表示から目的の第一駐車場まで最短コースに見えますが、危険すぎdanger 県道4号線・祓川温泉方面への入口には、篠山への大きな案内板がありましたbleah

Sikoku_chi_165ss

|
|

« 四国へ行ってきま~す! | トップページ | 秋田・太平山 »

コメント

四国巡礼の山旅note、大変お疲れ様でしたfoot
本当に毎日沢~山、登られましたねfujifuji

四国の山は意外と急峻なので、アプローチの林道もハードになりがちなんでしょうねdanger 私も年末年始に行って凍結路面で何度も怖い思いをしましたsweat01 新車、擦らなくて良かったですねhappy01

本編レポ、楽しみにしていますsun

投稿: 青空山岳会 | 2014年6月 2日 (月) 21時25分

よっちゃん、まいど(^^)/

四国の山、師匠はやはり行ってましたか~good20年位?もっと前ですか?

舗装道路でもdangerなのに、凍結路面怖すぎですsign03

車は消耗品ですが、ぶつけたり擦ったりしたくないので、しばらくモタモタ駐車やハンドル捌きになりそうですcoldsweats01

本編レポ、諏訪山のもUPしてなくてスミマセンcoldsweats01明日午後から東北の山へ出かけ、土曜日は高校のクラス会と、行事が連なっており、なかなか捗りません。気長にお待ちのほどをcoldsweats01

投稿: ハイジ | 2014年6月 3日 (火) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149798/59725191

この記事へのトラックバック一覧です: 四国の二百&三百名山7座登頂:

« 四国へ行ってきま~す! | トップページ | 秋田・太平山 »