« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

一切経山&大滝根山

7/20(土) このところ続く三百名山シリーズで、一切経山と、阿武隈山地最高峰の大滝根山へ行ってきました~note ちー隊長が一日のみの休みだったため、お手軽やっつけ?プランですcoldsweats01

前夜東北道・福島松川PAで車泊。

一切経山(1949.4m) 行動記録 

浄土平 7:20~酸ヶ平分岐~8:35 山頂 8:50~鎌沼~姥ヶ原~10:20 浄土平

↓一切経山北端より見下ろす五色沼は必見lovely (※肉眼で見た方が数倍goodです)

Issaikyou_024s_2

浄土平ビジターセンター内で山バッチGET(¥600-)

Badge_issaikyou_s

一切経山は火山性ガスのため、直登ルートは閉鎖されています。

山頂ピストンでは味気なく、鎌沼を組合わせたのは大正解でしたsign03 沼の周りはコバイケイソウの群生が美しく、見ごたえがありました。二人とも今まで見たコバイケイソウの群生では一番でしたshine

Issaikyou_047ss

詳細は近日・山行記にて ※7/25追記:一切経山の山行記はここをクリック

************************************

東北道・福島西IC → 磐越道・小野IC→ 一般道で移動し、大滝根山登山口へ。 

大滝根山(1193m) 行動記録

あぶくま高原ホテル跡 13:25~沢コース~14:30 山頂 14:40~ブナ平~車道~15:55 あぶくま高原ホテル跡

歩くに相応しくない時期でもあり、大滝根山は本当にやっつけ仕事でしたcatface

沢コースは蒸し暑く、薄暗くじめじめしており、沢から離れた後半部は急登、その後藪っぽい道でテンションdowndown 一人では歩きたくないなぁ~と思うことしきり・・・think

山頂三角点は自衛隊施設の中にあり、事前申請しないと入れないので、金網越しに撮影しました。(下画像)

Issaikyou_093ss 

下山路は分岐を見逃して、仙台平登山口方面へ降りてしまい、車道を歩き駐車場へ戻ることにsweat01 二人ともキツネに抓まれた気分です。 我らの目はフシアナかhappy02

やっつけ仕事だの、テンション上がらないだのと思っていた罰でしょうかcoldsweats01 大滝根山の神様のご機嫌を損ねてしまったようです。

こちらの記事も、詳細は近日・山行記にて。

※7/27追記:大滝根山の山行記はここをクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

祝瓶山&摩耶山

7/2~3 三百名山シリーズで、東北の祝瓶山と摩耶山へ行ってきました~note

前夜道の駅・飯豊で車泊。

7/2(火) 祝瓶山荘~祝瓶山(時計回りで周回)

7/3(水) 越沢登山口~摩耶山を、一般コースで往復しました。

当初の計画では、月末の北アルプス・テン泊山行に備え、徳本峠~霞沢岳を予定していましたが、お天気予報が悪くなり、予報の良かった東北方面に急遽変更しました。

祝瓶山は、山形・長井のマッターホルンの異名を持つスッキリ聳え立つ山容で、山頂から朝日連峰や飯豊連峰が望めるのが魅力だそうですが、残念ながら我らは見ることができませんでしたcoldsweats01

延べコースタイムが6時間20分位だったため、うきうきハイキング~notesなどと思っていたのは大間違いsign03 山頂へ突き上げて行く尾根の急登に、ハイジは「ヒーヒーふ~sweat01」。山頂直下では道をロストするアクシデントもあり、下山路の藪に辟易したりwobblyと、とっても硬派なお山でした。山ガールには絶対お目にかかれない??でしょうhappy01 ちなみに、ちー隊長は、ダニにやられました~coldsweats02

詳細は近日・山行記にて。※7/19追記:祝瓶山の山行記はこちらをクリック

↓木地山ダムより望む祝瓶山

Iwaigame_001ss

↓上部では、ヒメサユリがまだ残っていました

Iwaigame_063ss_2 

行動記録

祝瓶山荘 6:45~10:15 祝瓶山 10:40~12:00 赤鼻 12:05~13:50 祝瓶山荘

*************************************

摩耶山は、前夜道の駅・月山で車泊。

夜半からの断続的な雨のためshock東側・倉沢登山口からを止め、西側・越沢登山口から初心者向けと案内のある尾根道を往復しました。

詳細は近日・山行記にて。※7/27追記:摩耶山の山行記はこちらをクリック

行動記録

越沢登山口 5:55~8:15 摩耶山 8:30~9:55 越沢登山口

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »