« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

斑尾山&笠ヶ岳&横手山

6/22(土) 三百名山シリーズで、北信五岳のひとつでもある斑尾山、志賀高原にある笠ヶ岳&横手山へ行ってきました~note

変則勤務のちー隊長が、この日一日だけの休日なため、曇り予報ながらも軽めに歩ける所ということで決めました。ピーク3つGETながら、総歩行時間は3時間40分というお散歩でしたcoldsweats01

前夜道の駅・ふるさと豊田で車泊。

斑尾山行動記録

まだらおの湯P 5:55~7:25 斑尾山 7:40~8:30 まだらおの湯P

斑尾山の詳細記事は、こちらをクリック

笠ヶ岳と横手山レポは、以下へUPします。

まずは笠ヶ岳から

アプローチ:斑尾山から下山後、国道292号線から長野県道66号線を山田牧場方面へ。

笠ヶ岳へ、標準コースタイム 登り30分下り20分 の最短コースです。 66号線は冬期閉鎖や雨量による通行規制があるので、事前に通行可能か調べましょうflair

行動記録:峠の茶屋P 10:05~10:25 笠ヶ岳 10:30~10:45 峠の茶屋P

霧雨の中着いた峠の茶屋駐車場は、根曲がり竹を採取する地元の人達の車で大賑わいsweat01 今のところ、登山者は我らだけです。

↓10:05 茶屋の脇から出発。

Madarao_047_3

良く整備された登山道は、距離は短いながらも、主に急な階段を行きます。

↓山頂直下は、段差の大きな岩道です。

Madarao_051_2   

↓10:25 山頂着。ガスで何も見えません。晴れていればどんなにか絶景だったことでしょう

Madarao_056ss

↓山頂標識は紙製で、ここにありました

Madarao_058ss

10:30 下山します。

↓急階段は、特に気を付けて下ります。

Madarao_061ss

咲いていた花達をまとめましたnote

↓マイズルソウ

Madarao_049ss_2

↓ツマトリソウ

Madarao_063ss_3

↓イワカガミ

Madarao_052ss

↓ゴゼンタチバナ

Madarao_055ss

10:45 峠の茶屋P着。

登山前に、峠の茶屋さんで山バッチを購入しました(¥500) その時の奥さまの対応がとても感じが良かったので、下山後に竹の子汁ときのこ汁をいただきに再び寄りました。

ストーブの焚かれた貸切の店内で、待つ間に何気なく交わしたやり取りの中、御主人が柏崎出身で、山歩きが好きだったこともあり、運命的な出会いで5年前にこの茶屋を前経営者から譲り受けたことや、麓の高山村に移住され、ログハウスを建てたこと、夢を叶えることが出来たのは、奥様の多大なる理解があったこと等など、我らにとっては正に(TV番組・人生の楽園のような)理想的で、夢のようなお話の一端を伺うことが出来ましたshinescissors

我らが結婚記念日に登った米山は、御主人の郷里の名山でしたsign03

興味深いお話を沢山お聞きしたかったのですが、お客様がみえたので、ブログの記事にしたい旨の承諾を得て、記念の写真を撮らせていただき、茶屋を後にしました。

電気は自家発電、水道はなく、年に5ヶ月ほどの営業しかできない茶屋を経営されるにあたっては、好きでなければできない という御苦労もおありだと思いました。

 ↓峠の茶屋オーナー御夫妻heart04

Madarao_071ss

↓御主人がデザインされたオリジナル笠ヶ岳山バッチは、ここだけの販売ですnote 

Badge_kasadake

*****************************************

そして横手山。山にハマる前は、スキーにハマっていたハイジには馴染みの所ですgood

行動記録:渋峠P 11:55~12:20 横手山 12:35~12:55 渋峠P

↓11:55 渋峠リフトの脇、関係者用の車道を行きます。

Madarao_078ss

↓12:20 ヒュッテのある山頂着。ガスで何も見えませんcrying

Madarao_082ss

↓ヒュッテで山バッチ購入(¥650)

Badge_yokoteyama_ss

帰宅後調べたところ、山頂には横手山神社と祠&二等三角点があるとのことsign03

ひぇ~~~っつsweat01 知らなかったああああああsign03wobbly

暫定登頂?ということで、何れ再訪したいと思いま~すhappy01

※2016/08/14追記:2016/7/25に再訪し山頂&三角点確認しましたflair こちらをクリックしてくださ~いnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

二王子岳&米山

6/5~7 東北の山旅へ出かけましたnote

前夜二王子神社Pで車泊。

6/5(水) 二百名山である二王子岳に登り、ロイヤル胎内パークホテル泊。

6/6(木) 三百名山の米山に登り、ホテル岬ひとひら泊にて、10回目の結婚記念日を祝いましたwineheart04 もう十年、まだ十年という感じですhappy01 神様~、良い御縁をありがとうございま~すshine

当初の予定は、初日に奥胎内ヒュッテ~朳差岳往復、二日目・二王子岳、三日目・米山でしたが、奥胎内ヒュッテに通じる林道状況リサーチ不足により、朳差岳には登れず・・・shock

Ninoujidake_163ss

昨年の船形山に続き、トホホな状況sweat01 ツメの甘いハイジでありますcoldsweats01

結婚記念日絡みだからと車泊にしなかったため行動が縛られてしまい、前倒しで二山のみ登るという選択になりました。今後朳差岳は日帰りにせず、良い時期に山中泊で行くことに決めました。

二王子岳&米山は、二人とも初めてのお山でしたが、名山に選定されているだけあり、どちらも良いお山でした。

特に飯豊前衛・二王子岳は、山頂からは360°の大展望sign03 飯豊連峰のパノラマは期待通り素晴らしく、朝日連峰もバッチリgood 肉眼では鳥海山や粟島、佐渡島も見えましたnote 

東側の彼方には御神楽岳?(多分)、南側の彼方には守門岳等見え、居合わせた地元の方によると、これはとてもラッキーなことだそうですscissors

Ninoujidake_113ss

詳細は近日山行記にて。 

※6/12追記二王子岳の山行記はこちらをクリック。 米山の山行記はこちらをクリック

行動記録

6/5(水) 二王子神社 6:35~10:05 二王子岳 11:50~14:20 二王子神社。

6/6(木) 大平口P 11:40~13:45 米山 14:05~15:35 大平口P

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

糸/中島みゆき

~錫婚式の記念に~ ちー隊長も好きなみゆきのうた


なぜ めぐりあうのかを 私たちは なにも知らない

いつ めぐり逢うのかを 私たちは いつも知らない

どこにいたの 生きてきたの  遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かを

暖めうるかもしれない



なぜ 生きてゆくかを 迷った日の跡の ささくれ

夢追いかけ走って ころんだ日の跡の ささくれ

こんな糸が なんになるの  心許なくて ふるえてた風の中

縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かの

傷をかばうかもしれない



縦の糸はあなた 横の糸は私 逢うべき糸に 出逢えることを

人は仕合わせと呼びます



Kitakama_146_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »