« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

雷鳥平~大日三山

8/27~29 立山・雷鳥沢キャンプ場をベースに、大日三山(奥大日岳~中大日岳~大日岳)を歩いてきました~note

お天気予報が芳しくなかったので、穂高の岩稜歩きを止め、予報の良かった富山方面を選び、ちー隊長お薦めの【遠い飲み屋さん】=雷鳥沢キャンプ場でのんびりしてきましたspabeerwine

8/27(土) 早朝自宅を車で出発。扇沢無料P→立山黒部アルペンルート→室堂 11:10~11:45 雷鳥沢キャンプ場(泊) 二泊のテン場代 一人¥1,000。

扇沢~室堂(アルペンルート) 往復・一人¥8,800 手荷物代(10kg超)¥610

8/28(日) 雷鳥沢キャンプ場~大日三山往復(泊)  ロッジ立山でspa¥500

8/29(月) 雷鳥沢キャンプ場 7:20~8:00 室堂 →アルペンルート→扇沢P

↓遠い飲み屋さんの素晴らしいロケーションnote

Dainichidake_030_ss Dainichidake_163ss



***************************************************************************


clip8/28(日)行動記録

雷鳥沢キャンプ場 6:10~8:00 奥大日岳 8:05~9:45 大日岳 9:50~10:00 大日小屋 10:15~13:35 雷鳥沢キャンプ場


↓8/28 7:57 奥大日岳手前から望む奥大日岳

Dainichidake_073_ss



↓8/28 8:00 奥大日岳より望む剱岳(逆光なのが残念!)

Dainichidake_075ssDainichidake_135_ss


↓8/28 9:05-15 七福園(小休止)

Dainichidake_103_ss


↓砂浴び中の雷鳥さん

Dainichidake_108_2


↓8/28 9:20 中大日岳山頂は縦走路から僅かに逸れる

Dainichidake_100_ss


↓8/28 9:27 大日小屋と大日岳

Dainichidake_093_ss

↓8/28 9:45 大日岳山頂・雲間から僅かに望む剱岳

Dainichidake_098_ss

***************************************************************************

↓8/29 室堂平より望む大日三山(左から 大日岳、中大日岳、奥大日岳)

Dainichidake_197ss

↓二百名山でもある奥大日岳の山バッチ(大日小屋で購入¥500)

Badge_okudainichidakess

立山や剱に比べれば、圧倒的に歩いている人の少ないマイナールートですが、お天気良ければ、早月尾根を従えた剱の雄姿と、弥陀ヶ原の全景、笠ヶ岳の一際カッコイイ姿が見れ、また、お花の時期に当れば、チングルマやコバイケイソウの大群落があり、概ね緩やかな縦走路は歩きやすく、なかなか良かったですgood ちー隊長お薦めのルートだけありましたfuji

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

森吉山&和賀岳

8/19~20 マタギの里を擁し、秋田内陸部の山&二百名山でもある森吉山と和賀岳を歩いてきましたnote

天候不良のため、このところ恒例?となりつつある当初の予定の変更で、8/18~21の休暇を活かすべく、天気予報の良かった北東北行きを決めました。

8/18(木) 午前中に自宅を車で出発。古川辺りから土砂降りの雨の中、車泊地 道の駅・あにへ。

8/19(金) こめつが山荘からの往復予定で出かけた森吉山は、今年は例外的に一週遅い今週末まで営業していた阿仁スキー場ゴンドラを利用し、最短コースで往復coldsweats01 早朝まで残った雨に、登山道状況の悪さを思い、【無かった事に・・・】しようかと揺れる気持ちも一気に解決happy01

↓樹氷平付近より望む森吉山(登山道脇の花はハクサンシャジン) 

Akitayama_024ss

↓森吉山(1454m) 山頂

Akitayama_057ss

↓初めて見たゴゼンタチバナの実

Akitayama_038ss

↓ゴンドラ乗り場・売店にて販売していた山バッチ(¥530)

Badge_moriyosi_s

※行動記録:ゴンドラ駅 9:15~10:35 森吉山 10:50~11:40 ゴンドラ駅

お気楽ハイキングを終了し、午後今晩の宿・奥羽山荘へ。途中、アルパこまくさに寄り、秋田駒のバッチを購入(¥450)

Badge_akitakoma_s

8/20(土) 早朝・奥羽山荘を出発し、真木の登山口Pから薬師岳を経て和賀岳を往復。

↓薬師岳より望む和賀岳(画像中央) 

Akitayama_116ss

↓ 和賀岳山頂。後方・秋田駒は雲の中

Akitayama_157ss

二百名山完登を目指しているわけでもなく、お花のいい頃でも、紅葉の季節でもなく、積極的に行きたい時期ではありませんでしたが、名山といわれているだけあり、両山共魅力的でした。特に和賀岳は山深く、山頂へ至る稜線部が美しく、とても心に残る山となりました。

※行動記録:旧マタギ小屋跡P 6:25~10:45 和賀岳 11:25~14:35 旧マタギ小屋跡P

21(日)は、神室山へ行く予定でしたが、天気予報が悪化したため、土曜日中に帰宅しました。来週末も三連休とっているものの、どうなることやら・・・confident

詳細は後日山行記にて(宿題積み上がり継続中coldsweats02

※9/3追記:森吉山の山行記はこちらをクリック

※9/4追記:和賀岳の山行記はこちらをクリック

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

大雪山・黒岳~トムラウシ縦走

7/28~8/1 大雪山・黒岳~トムラウシ縦走、楽しんできました~~~note

※行動記録

7/28(木) 黒岳ロープウェイ~リフト(7合目) 15:10~16:50 黒岳石室(テント泊)

7/29(金) 黒岳石室 5:10~北海岳~白雲岳(往復)~14:40 忠別岳避難小屋(泊)

7/30(土) 忠別岳避難小屋 6:00~化雲岳~トムラウシ~12:10 南沼キャンプ地(テント泊)

7/31(日) 南沼キャンプ地 7:45~温泉コース~12:50 東大雪荘(泊)

トムラウシへの縦走は、2年前(2009年7月)にも行きましたが、お花は最盛期だったもののお天気が悪く、景色を殆ど見ることができず残念に思っていました。急遽決めた今回は、お天気もまずまずで、歩いたコースの検証?もできて良かったです。ちー隊長が頑張って担いでくれたので、山中でも毎晩エビスのロング缶各自1本ずつ飲んじゃいましたhappy01

詳細は後日(いつになるやらcoldsweats01)HP山行記にて。とりあえずブログ用に、いくつかの写真をピックアップしましたのでどうぞnotes

お花は、黒岳石室周辺のエゾツガザクラの群生が特に見事でした!

Tomurausi2_047ss_2

これほど密度の濃い群落を見たのは、二人とも初めてです。

Tomurausi2_077ss

↓ 北海岳~白雲岳間縦走路より望む、遥かなるトムラウシshine

Tomurausi1_007ss

↓五色ヶ原の彼方に望むトムラウシfuji

Tomurausi1_021ss

↓ロックガーデンを下りきったところで休憩中、ちー隊長がナキウサギの撮影に成功sign03 超ラッキーですgood どこにいるかわかるかなぁ~lovely

Tomurausi1_037ss

↓バイケイソウの群落越しに望む我家とトムラウシ(南沼キャンプ地にて)

Tomurausi1_040ss

↓温泉コースでは、枝が被ってしまいましたが、エゾライチョウの撮影にも成功ですsign03 

Tomurausi1_057ss_2

出発2日前に取れた飛行機チケットのため、往きは千歳から、帰路は旭川~千歳の経由便で羽田へとなりましたが、三度目にして初めてカッパを着ずにトムラウシ山頂に立つことができ、休暇を活かした山旅ができて大満足ですnote

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »