« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

和名倉山(白石山)

9/20 奥秩父・和名倉山へ行ってきました~♪ 二人共初めてのお山です。 

二百名山でもある和名倉山は、埼玉県側の呼び方で、山梨県側では、白石山と呼ばれているそうです。我らは埼玉県民なので、山梨県側から登ったものの、和名倉山としますbleah

前夜道の駅・丹波山で車泊。三ノ瀬登山口から、往路は牛王院下から山の神土まで七ツ石尾根を歩き、帰路は、将監峠~将監小屋経由としました。三連休はちー隊長が、この日だけ休みだったので、ちー隊長の新しい靴の馴らしも兼ね行ってきました。

我らの地図は昭文社1999年の物で、山の神土~山頂間は破線となっており、コースタイムも11時間50分とありましたが、最近は200名山ツアー登山も設定されている位なので道の状況も良いはず?だということで、長丁場だけは覚悟で歩きました。

登山道状況は、踏み跡薄い部分もありましたが、要所にテープが巻かれており、見逃さなければ大丈夫でした。距離は往復23kmと長いものの、ほぼ緩やかなアップダウンなので身体に負担もありませんでした。6:45に歩き始め、15:25に帰着しました。詳細は後日、山行記にて。(←10/21追記:この山行記はこちらをクリック

ちー隊長の夏靴は丸5年使用。ソールも丸まり、溝も殆どなくなり模様状態なのを、騙しだまし履いていたのですが、前回の山行中(笠~槍)、ソールが剥がれかけてしまい、次山行に備え急いで購入しました。二人共、ハンワグ・アラスカGTXを愛用しておりますが、常時置いてある店舗が殆どなく、タカダ貿易HPの取り扱い店舗表示のある数店に電話で問い合わせ、神保町のさかいや・シューズ館にやっとあったのでしたsweat01

↓ソールが剥がれかけた靴(^^;

Kuturekka_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

笠ヶ岳~槍ヶ岳縦走

9/9~11 新穂高温泉から笠ヶ岳~槍ヶ岳 テント泊周回山行してきました~♪

当初の予定は、三泊四日で悪沢~赤石~聖~茶臼でしたが、8(木)夕、台風の進路がズレ、東名高速も通行止めとなり、急きょ変更したメニューです。

前夜新穂高温泉の無料Pで車泊。ルートは、9(木)笠新道~笠ヶ岳(泊)、10(金)笠ヶ岳~双六小屋(泊)、11(土)西鎌尾根~槍ヶ岳~飛騨乗越~白出沢~新穂高温泉です。

ハイジは、笠新道分岐~弓折岳間、樅沢岳~西鎌尾根からは初めてで、前々から歩いてみたかったルートでした。核心部は台風一過の好天に恵まれ、大展望を満喫することができました。

日曜日の渋滞を嫌い、2泊3日最終日はヘッドランプ覚悟の強行メニューとしましたが、(泣きながらもwobbly)12時間ちょうどで歩き終え、明るいうちになんとか無事下山しましたcoldsweats01 三日目の歩行距離はテン泊装備で23km超えとなり、足が棒状態sweat01 ガッツリ歩いた山行でした。詳細は後日(いつになるかなぁ~)山行記にてhappy01

※2011/8/14 追記:この山行記はこちらをクリック

添付の画像は、笠ヶ岳テン場より望む、夕映えのの槍ヶ岳と、朝陽に照らされた笠ヶ岳、西鎌尾根からの槍ヶ岳です。

Kasa_yari_056ss

Kasa_yari_070ss

Kasa_yari_207ss

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

キジバト 雛の孵化 

今朝推定6時頃、無事生まれました~bellchick

先月半ば頃から隣家の敷地に植えられた木の枝に、キジバトさんが巣を作っているのに気づきました。我家の2階トイレや洗面所の小窓からよく見える2m位の場所です。

2007年4月にも、キジバトがその枝から横に2m位離れた場所に巣を作り、抱卵していたことがありましたが、その時は生憎野良猫に襲われてしまい、親鳥は巣を放棄してしまったのでした。少し前まで、空の巣跡を見るたびに、そのことを思い出していました・・・。

今回卵に気づいたのは8/21。ネットで調べたところによると、4日で巣を作り、抱卵から16日で孵化するとありましたので、もうそろそろ孵化するころだわ~♪と、家族三人、その日を楽しみにしていたのです。

今朝ハイジが先にトイレに行き観察した時は、親鳥のお腹あたりの羽が少し乱れており、もぞもぞとしていましたが、卵(の殻)らしい白いものがまだ見えていました。10分ほど後ちー隊長がトイレから出てくるなり、【ハイジ! 生まれたよ~♪】

親鳥が殻を咥え飛び立ったので巣を見たところ、黄色っぽい産毛に覆われた雛が見えたそうです。おかげで我家は朝からハッピーモードclover

これから巣立ちまで17日間、無事元気に育ちますようにsign03 雛の写真が撮れたら、後日UPしま~すhappy01 ※添付の画像は、8/21抱卵中の♂です。よく見ると卵が少し見えます。

※2011/06/01追記:雛の写真記事はこちらをクリック

Kijibato_003ss

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »