« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

カザフスタンの山旅

7/30~8/11 H観光開発(株)主催 【カザフスタン・天山山脈 カルリータウ峰(5450m)登頂13日間】ツアーへ行ってきました~note

国内では、各旅行社が、氷河ベースキャンプまでの見学ツアーを組んではいますが、カルリータウ峰への登頂ツアーは、唯一H観光開発(株)主催のみで、2008年と今回で、2度目の開催です。昨年も申込んでいましたが、人数が集まらず流れてしまったのでした。

カザフスタンという国、天山山脈名峰ハンテングリ(7010m)を仰ぎ見る氷河ベースキャンプへの、ヘリコプターでの入山ということに惹かれ、ちー隊長と二人、二年越しにとても楽しみにしていました。

技術や装備は、北アルプスの春山登山程度ということですが、ハイジにとっては今までの山行で一番本格的な山登りを体験しましたsign01 カザフスタンも異常気象による天候不順で、数日前の降雪のためルートの状態が悪く、急きょ当初の予定、高度順応日1日、4000mBC~AC(2泊)~BC下山を変更し、4200m氷河上C1、4800mアタックキャンプ、状態によっては、4900m地点コルへC3を設けアタックする計画になりましたが、実際には、最終キャンプは予定どおり4800mアタックキャンプとなり、予定より山中一泊多い山行となりました。

共同装備の食糧やテント以外、個人装備を自身でほぼ荷揚げしなければならないことは、テン泊山行に慣れているとはいうものの、高所ではとてもキツかったですcoldsweats01 荷を運んでもらう大名登山とは大違いsign01 山中は、テントも三人で使用するので、ちー隊長と一緒なものの、二人きりの時とは勝手が違いますsweat01(メンバー5人中、女性はハイジだけ)

8/5(木)アタック当日、6:20出発時点では、体調もまずまずのハイジでしたが、歩き始めて一時間過ぎた頃から腹痛がおき、痛みはどんどん強くなり吐き気も伴う緊急事態sign02

見渡す限り緩やかな雪原のルート上に、隠れる場所などありませんsweat01三十分ほど我慢して歩いたのも限界で、腹式呼吸もできなくなり目の前が一瞬真っ暗にshockそして、まさかの敗退sign03 4900mのコルまで頑張り、リタイアを申し出ることとなりましたcrying詳細は後日、山行記に書きますが、とっても無念で情けなかったですweep

ハイジを心配したちー隊長は、登頂を止め、一緒にアタックキャンプまで引き返してくれました。逆の立場だったら、私は山頂を目指しただろうと思うと、ちー隊長には強く続行を勧めましたが、一緒に登らないと意味がない、この素晴らしい山域に来れただけでも充分だということで、その後のんびり二人きりheartで、アタックキャンプへと戻りました。

登頂は叶わなかったけれど、ちー隊長の大きな愛を改めて感じ、この人と結婚して良かった~heart01 神様ありがとうございま~すnoteと、何度も心の中で叫んだハイジでしたhappy01

添付の画像は、アタックキャンプより望むハンテングリと、氷河上から望むカルリータウ峰(右・双耳峰)です。※9/23追記:この山行記はこちらをクリック☆

226ss

Karurytauss

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »