« 乾徳山&茅ヶ岳 | トップページ | 今朝の涸沢 »

GWは鳳凰山

5/2~3 鳳凰山へ行ってきました~sun

前夜夜叉神峠登山口Pで車泊。2(土)南御室小屋・テン泊、3(日)空身で観音岳ピストンし下山しました。

登山道の状況は、杖立峠から残雪はあるもののツボ足で小屋まで。小屋からアイゼン装着し観音岳ピストン。稜線は雪も少なく、6本爪でも大丈夫な状態だったが、アイゼン歩行の感触も思い出すため、我らは12本爪を持参した。

↓薬師岳より望む白峰三山Sp1000103

↓稜線より観音岳を望む(左奥・仙丈岳)Sp1000114

↓観音岳より望む甲斐駒(奥)と地蔵岳(手前右)Sp1000120

↓観音岳より望む富士山Sp1000123

特に危険個所もなく、前夜登山口に早く着いたのをいいことに、(懲りもせず)大酒呑んでしまい、歩き始めの夜叉神峠までがと~~っても長く感じたハイジでした(^^;;

お天気予報が微妙だったので、前日まで槍ヶ岳山行と迷った末の今山行。 帰宅後槍ヶ岳ライブカメラをチェックして、少々くやしい気持ちでもありますthink

山行記はこちらをクリック

|
|

« 乾徳山&茅ヶ岳 | トップページ | 今朝の涸沢 »

コメント

鳳凰山、お疲れ様でした!sunsun

「登山口敗退」bottlewineしなくて良かったですね(笑)
私は槍の裏側の方の山に居ました。 日曜日の天気は本当に微妙でしたね。 天気予報のチェックだけで何時間も費やしました。 2年前に槍に行かれた時(私はその時は大天井でした)も同じような微妙な天気でしたねbearing 
今度の日曜日は今のところ天気良さそうですよ~happy01sun   

投稿: 青空山岳会 | 2009年5月 5日 (火) 09時48分

よっちゃん、ご無沙汰しております&早速のコメントありがとうございますnote
「登山口敗退」←うぅぅ・・・読まれてますねぇ~(^^;実は、危ういとこでしたcoldsweats01
ちー隊長からは、今後登山口車中に焼酎は持参しない令を達せられました(^^;;;体力作り(維持)に励んでるわりに、お酒のおかげで効果を相殺しているドアホな私です。

先ほどよっちゃんのHP見させていただきました。
GWは奥大日岳だったのですね!
微妙なお天気予報だったので、師匠は(←勝手に弟子になっている??)どちらへ行かれたのかな~と思っていました。御想像の通り、2年前の悪夢を繰り返さないために鳳凰にしたのでした。

今週末お天気良さそうでいいですね~sun
我らも出かける予定ですgood

投稿: ハイジ | 2009年5月 5日 (火) 10時29分

やっぱり、すっごく雪が少ないですね。
私も大分前にGWの時期に鳳凰に登ったことがあったけど、ここまでないとは・・・・
でも、あそこは展望がいいし、富士山は見えるし、槍ヶ岳とはまた違ったよさがありますよね。

私はみなさんのGW体験記を見るのを楽しみしてますよ。

投稿: MINMIN | 2009年5月 5日 (火) 19時48分

MINMINさん、コメントありがとうございます(^^)/
4/18~19の乾徳山や茅ヶ岳から見た時にも、八ヶ岳を含め、山が黒く見えていました。4月下旬に入った寒気で多少白くなったかな~という感じの雪具合でした。

鳳凰山、ちー隊長もこの時期は初めて歩いたのですが、いい眺めの癒しのお山でしたhappy01
稜線から見えた、南アルプスと対峙していた双耳峰のお山=笊ヶ岳がとっても印象的で、いずれぜひ登ってみたいと思いました。

投稿: ハイジ | 2009年5月 5日 (火) 23時22分

笊ヶ岳、私も登ってみたいとずっと思っているのだけど、アプローチがやっかいで考えあぐねてます。二つのアプローチ方法とも難しいし・・・。今の時期ならば水は雪を溶かせばあるけど、普通の時期には水もないので・・・。

あの山を素敵だと思ってくれる人がいて嬉しいです。

投稿: MINMIN | 2009年5月 6日 (水) 00時32分

>MINMINさん
笊ヶ岳、帰宅後調べてみると、アプローチも大変そうですね~(^^;南アルプス深南部は、どこも大変そう。
我らも具体的にいつ登るという計画は今のところないのですが、展望を楽しみたいので空気が澄んだ時期に、布引山テン泊したいな~なんて漠然と思ってマス。

投稿: ハイジ | 2009年5月 6日 (水) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149798/44895773

この記事へのトラックバック一覧です: GWは鳳凰山:

« 乾徳山&茅ヶ岳 | トップページ | 今朝の涸沢 »