« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

白神岳

5/17~18 白神山地の旅へ行ってきた。金曜夜・寝台特急あけぼのに乗り、土曜朝・東能代駅着後レンタカーにて移動し、白神岳登山口へ。

歩いたコースは、登山口 9:45~二股コース~13:10 山頂 13:30~蟶山(マテヤマ)コース~16:15 登山口の周回。二股コースは2003年に新しく整備されたルートで、ルート後半山頂直下1.8キロ区間が急傾斜道なのがウリの健脚コースだ。6本爪軽アイゼンを持参したが、登山道にほぼ雪はなく、快晴の中、気温も上がり、虫攻撃に遭い顔をさされて悲惨なことになってしまったハイジであ~る。虫除けのハッカ油を自宅に忘れてきてしまったのだ・・・(> <;)

下山後、十二湖リフレッシュ村でキャンプし、翌朝、森林浴を楽しみながらの散策。青池や沸壷の池を見学した。青池は、コバルトブルーの湖面に新緑のブナが映り込み、とても美しかった。

帰路、日本海沿いを通る国道101号線のドライブも楽しかった♪国道沿い・あきた白神駅向いにあるハタハタ館に隣接している産直施設ぶりこ地元の食材を利用したお弁当やお惣菜が豊富だ。東能代駅で車を返し、リゾートしらかみで秋田駅へ。秋田新幹線・こまちに乗り帰宅する。(まるで鉄子!?)

いつもながら山行記は後日UPしま~す。(※8/15追記:山行記のレポリンクしました)

Ssp5160002 Ssp5160004_2 Ssp5170031 Ssp5170053 Ssp5180102 Ssp5180111 Ssp5180126 Ssp5180139 Ssp5180143 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

丹沢主稜日帰り縦走

GW後半の4連休、ちー隊長は仕事のため単独行のハイジは、お天気予報が不安だったので残雪登山を断念し、5/4(日)代替案に考えていた丹沢主稜ワンデイ縦走に出かけた。コースは大倉~塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳~檜洞丸~ツツジ新道~西丹沢自然教室(約25km)

3:00に車で自宅を出発し、4:40より登山開始。お天気予報は良かったのだが、一日中ガスの中を歩くことに・・・。気合が入りすぎて??、塔ノ岳では信じられないような道間違えをして水場まで下りてしまい、登り返し往復30分のロスタイム(> <;)

お恥ずかしいことに白状するが、大倉から丹沢山へ向かう道は今まで何度も通ったことがあり、(他のコースを計画したこともなく)地図を良く見ていなかったので、今回間違えたことにより初めて水場の位置とユーシンへのコースを知ったのだ(^^;;思い込みとは恐ろしいもので、塔ノ岳出発時標識もまったく目に入らず確信をもって丹沢山への道を下ったハズでした。ご存知の方はありえな~い!!ことですが、自分の身に、そのありえな~い!ことが起きて、夏道一般登山道であることへの油断から、最悪の場合道迷い遭難も起きたりするのだろうなと・・・。とってもいい勉強になりました

出発時下りながら、なんか印象が違うかんじもするけど、雪がないからかなぁ~などと思いつつ、水場に着きユーシンへの標識を見て??と思い地図を見るも、(信じられないかもしれないが)思い込んでいるので、瞬時には理解できず、私の地図は古い(97年版)から、新しい道は載っていないのかもしれないなどと思ったのだ(^^;;ともかく、道迷い時の鉄則、(自分のわかるところ)塔ノ岳まで戻らなくちゃと。登り返しながら、この先主稜縦走へのモチベーションも一気に下がり、塔ノ岳からそのまま大倉に下りてしまおうか・・・との思いもよぎったが、18:58発・終バスまでには充分時間があるのだと気を取り直したのだ。

そんなことはあったものの、順調に歩を進め、14:10西丹沢バス停に到着。9時間30分の行動時間を終えた。ロスタイムの30分がなかったら9時間で歩き終えたことになり、自分で自分を褒めてあげました~♪(^^)。ハイジの場合人並み以下の体力しか持ち合わせていない分、登りたい山を登るためには、地道にトレーニングを積むしかないのだ。14;40発のバスに乗り新松田駅~渋沢駅へ。渋沢からタクシーに乗り大倉で車を回収し帰路に着く。

行動記録  大倉登山口 4:40~6:03 堀山の家 6:08~7:15 塔ノ岳 7:50~8:35 丹沢山 8:50~10:00 蛭ヶ岳 10:10~11:00 臼ヶ岳 11:05~12:28 檜洞丸 12:30~14:10 西丹沢自然教室(詳細は後日山行記にUPします) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »