« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

完歩(^^)v

完歩(^^)v

今日4年ぶりに、【かち歩き大会・大宮~加須間31km】に参加してきた。かち歩き大会とは耳慣れないが、(社)青少年交友協会が主催しており、パンフレットによると、1.健康と体力の向上、2.心身の鍛錬、3.飢え、渇き、疲労の体験、4.自己への挑戦を目的とし、長い距離を飲まない、食べないで歩く【自己鍛錬】の大会とある。

5年前ウォーキングを始めた母が知人から誘われ、ハイジもイヤイヤ付き合いで二度参加したことがあった。今日は鈍った身体に渇!を入れるのと、ダイエットの一環として、自主的に(一人で)参加した(^^;

9時スタートで、タイムリミットは16時。途中リタイアも可で、救済車両がコース中を廻っている。スタートから5km地点までは集団で歩き、以後フリー歩行となる。途中16km地点と25km地点にチェックポイントがあり、通過時にスタンプを押してもらう。

ハイジは20km過ぎくらいまでは調子良く歩いていたのだが、情けないことにシャリバテで、25km過ぎから失速してしまう(^^;25kmからが大切なのは、過去に学習済みなのに・・・。歩幅を大きく取ろうと思っても足が出ずじまいで、重い身体を引きずるようにしてゴール。目標だった5時間は切れず、5時間7分・135位(700人中)であった(^^;;

昨日久しぶりに筑波山へ出かけ、二往復フルコース歩いたせいもあり疲れてしまって、帰宅時居眠りして電車を一駅乗り過ごしてしまった(^^;最寄駅からのバス便が20分待ちだったのでタクシーを待つも来ず、仕方がないので自宅まで2km強さらに歩く。

とっても足を酷使した週末であ~る。で、ダイエットのほどは???・・・(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2/11 リゾートしらかみ乗車

Sp2110047 Sp2110065

Sp2110050 東北旅行二日目は、念願の【リゾートしらかみ】に乗る五能線の旅がメイン。

羽立駅~追分駅へ向かい、リゾートしらかみへ乗り換える。鉄道マニアではないが、白神山地の麓を通るこの列車に乗ってみたいと思っていた♪三種類のデザインがある【リゾートしらかみ】。他のデザインは、オレンジ基調の【くまげら】と、緑の【橅】。全席指定の三両編成で、二号車は個室タイプのBOX席(4人)である。私達は三号車で、二人席が通路をはさみ左右に配置されている。

窓が大きく、座席前後の間隔は、新幹線グリーン席よりも広いぐらいで超快適♪快速列車であるが、車内販売もある(^^)v

Sp2110046 Sp2110048

Sp2110053

面白かったのは(マニアや鉄道をよく利用する人には当たり前かもしれないが)、東能代駅で進行方向が変わるので、気になる人は各自で座席の向きを替えることだ(^^)それと、五能線に入ることを示す、駅の起点表示。(ちなみに前日の男鹿線は追分駅)初めて目にしたハイジは、子供のように(マニアのように?)未知のものを知る喜びを味わった♪

Sp2110064 Sp2110060

Sp2110063

海岸線の脇を通り景勝地が続く区間では、事前に車内放送で案内があり、徐行運転をしてくれる。おまけに、千畳敷駅では停車時間が長めにあり、一旦下車して海岸へ降りることができる。これも事前に車内放送があり、出発の合図は汽笛を鳴らしてくれるという、粋なはからい付であ~る♪

Sp2110067 Sp2120070

弘前で特急【つがる】に乗換え、浅虫温泉へ。陸奥湾に面し、シンボル湯の島を正面に望む宿へチェックイン。この日はちー隊長の誕生日♪豪華な部屋食で、大好きな磯料理の数々に舌鼓をうった【うわばみ隊】でした♪(※飲み食いに夢中で撮影を忘れる・・・)

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

なまはげさんに会った♪

Sp2110041

2/10~12の三連休、私達にしては珍しく、お山へ行かずに東北へ。呑み食い&温泉を楽しむ鉄道の旅をした。ちー隊長は若い頃、バイクで日本一周のおり訪れたことがある土地だが、ハイジは初めての男鹿半島であ~る♪

2/10 大宮から秋田新幹線~男鹿線と乗り継ぎ、羽立駅へ。暖冬とはいえ予想外に雪がない(^^;男鹿温泉郷の宿へチェックイン後、展望風呂にて温泉を楽しみ、夜は予約しておいた宿のバスにて、なまはげさんに会いに行く。→なまはげ紫灯まつり

会場はすでに人・人・人で、チビのハイジに見えるものといったら人の背中か肩車された子供のお尻ぐらいだ~~~(^^;;ちー隊長に肩車してもらうわけにはいかないし・・・。あまりの混雑ぶりに、楽しみにしていたメインイベントを見ることは諦めた。

メイン行事が終わり?、人の流れが変わったので、皆の流れに逆らいたどり着いたところは大正解!そこは、間もなく始まる地区別なまはげ(お面)鑑賞会??出演者の待機場所であった!なるべく邪魔にならないよう注意しながら、にわかに稚児連れファミリーの激写会場と化しつつある合間を縫い、最後部へ。そこは人もまばらだったので待機中のなまはげさんを間近に見ることができた(^^)v

そして福川地区のなまはげさん(ペア画像)にお話を伺うことができた!赤なまはげさんのお面は自前で、なんと170年位前から受け継がれているケヤキ製のものだそうだ。

Sp2100037 Sp2100021

Sp2100029 舞台に向かうなまはげさんを見送り、後に落ちていた藁を拾いポケットへ(^^)。なまはげさんの藁を患部へ当てると治るという言い伝えもあるそうで、ちょっと違うかも~(^^;と思いつつ、宿へ戻りGカップの巨腹にそっとあててみた(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »