« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

磐梯山

S06062434 昨日・6/24(土) 天気予報を見ながら、山バッチ&お花を目当てに会津磐梯山へ行って来た。大宮7:30発の新幹線に乗り、郡山で乗換え猪苗代へ。

コースは猪苗代スキー場(表登山口)~沼ノ平~磐梯山~翁島登山口。

思ったほど蒸し暑くも無く、磐梯山固有種であるバンダイクワガタをはじめ、お花をじっくりと観察し撮影しながらの山歩きを楽しんだ(^^)♪

瑞牆山がシャクナゲの登山道だったように、磐梯山(表登山道)は、タニウツギとウラジロヨウラクに彩られていた。

Sp6240066_1 添付の画像は、沼ノ平から望む磐梯山&レンゲツツジと、バンダイクワガタです。いつもながら山行記は後日UPしますので、もう少しお待ちくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

祝婚歌/吉野 弘

※本日より自HP内コンテンツ・【ハイジの部屋】を削除したため、ブログ内カテゴリーへ好きな詩追加し、移動しました。

祝婚歌/吉野 弘

  二人が睦まじくいるためには
  愚かでいるほうがいい
  立派すぎないほうがいい
  立派すぎることは
  長持ちしないことだと気付いているほうがいい

  完璧をめざさないほうがいい
  完璧なんて不自然なことだと
  うそぶいているほうがいい

  二人のうちどちらかが
  ふざけているほうがいい
  ずっこけているほうがいい

  互いに非難することがあっても
  非難できる資格が自分にあったかどうか
  あとで疑わしくなるほうがいい

  正しいことを言うときは
  少しひかえめにするほうがいい
  正しいことを言うときは
  相手を傷つけやすいものだと
  気付いているほうがいい

  立派でありたいとか
  正しくありたいとかいう
  無理な緊張には
  色目を使わず
  ゆったり ゆたかに
  光を浴びているほうがいい

  健康で 風に吹かれながら
  生きていることのなつかしさに
  ふと胸が熱くなる
  そんな日があってもいい

  そして
  なぜ胸が熱くなるのか
  黙っていても
  二人にはわかるのであってほしい


Wedding_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

瑞牆山

Sp6100145

昨日(6/10・土)、久しぶりにお山へ出かけることが出来た!!(^^)

晴れ予報は一日だけだったので検討した結果、シャクナゲ&山バッチ目当てにサクッと瑞牆山へ。コースは瑞牆山荘からの往復。早朝車で自宅を出発し、8:30登山開始。

天鳥川出合を過ぎたあたりから、急登の登山道は両側シャクナゲの道となる。バッチリ見頃♪にあたったようで、段差の大きなキツイ登りも苦にならず大満足~♪♪

今まで二人共、お花が主目的の山行をあまりしてこなかったので、これほど満開のシャクナゲを見たのは初めてであ~る(^^)v

※いつものことながら山行記は後日UPしま~す(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »