塩沢山&持丸山

1125(日) 栃100巡りで、塩沢山と持丸山に行ってきました~note

前夜・道の駅湯西川で車泊。

塩沢山(1264m)は、独鈷沢ふれあい公園Pから往復。


Dsc04709_ss_4

下山時おしゃべりに夢中で、「遊雪の君」から僅か先の分岐をうっかり見落とし、尾根を気分良く直進してしまい20分程アルバイトしてしまいましたwobbly


↓念のため枝で尾根を直進せぬよう塞いできましたcoldsweats01

Dsc04715_li_ss_3




持丸山(1366m)は、持丸橋先左側Pから114号鉄塔ルートを往復しました。

↓持丸山は、1200mから上に雪がありました

Dsc04750_ss_3
Dsc04752_ss_3


Dsc04759_ss_4


↓三角点は南側に5m程入った所にありました
flair


Dsc04760_ss




両山共行動時間4時間前後でしたが、このところお手軽ハイキングばかりだった身には歩き応えがありましたcoldsweats01



深夜到着で朝寝過ごし予定より出発が遅れ、塩沢山では下山時分岐を見過ごすという失態で時間をロスしてしまったので、2座目の実行は危ぶまれましたが、明るい内に無事下山でき達成感いっぱいですhappy01scissors




翌日も栃100巡りで前黒山と新湯冨士を登る予定でしたが、出発前に黒い雲と強風&雨が降り始め、お昼まで回復しない予報に中止しました。



clip行動記録・塩沢山

独鈷沢ふれあい公園P 7:20~9:20 塩沢山 9:35~11:10 独鈷沢ふれあい公園P



clip行動記録・持丸山

持丸橋登山口P 11:40~12:35 114号鉄塔 12:40~14:00 持丸山 14:10~114号鉄塔~15:55 持丸橋登山口P
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

弥太郎山

11/16(金) 若見山を登った後同じく栃100巡りで、弥太郎山(1392m)を歩いてきました。


塩原温泉・木の葉化石園の脇を通り塩那道路を行くと、行き止まりが土平園地駐車場です。(水場&トイレなし)

Dsc04629_ss
Dsc04630_ss
Dsc04662_ss


11:20 駐車場右手の登山口出発。

Dsc04631_ssDsc04632_ss

若見山と同じく鉄塔巡視路を、山頂へは7号鉄塔を目安に行きます。


↓11:33 唐松林の緩やかな道が続きます。

Dsc04634_ss


↓11:40 弥太郎山への標識は、全て巡視路標柱に手書きされていましたflair
Dsc04636_ss    
Dsc04637_ss



↓11:46 登山道は明瞭です

Dsc04638_ss



↓11:49

Dsc04639_ss



↓11:53 林床が笹に変わりました。
Dsc04641_ss



↓11:56 8号鉄塔分岐を直進。一旦下ります。
Dsc04642_ss



↓12:01 樹間から望む弥太郎山
Dsc04645_ss



↓12:04
Dsc04646_ss



↓12:09 左手樹間から望む日留ヶ岳
Dsc04647_ss



↓12:12 やや斜度が増してきました

Dsc04650_ss



↓12:21 右手に7号鉄塔を見て

Dsc04651_ss_2



左手にピンクテープの目印がある、藪っぽい道をひと登りで山頂です。
Dsc04652_ss



12:24 弥太郎山着・小休止。またまた貸し切りの山頂です。
Dsc04654_ss
Dsc04655_ss


山頂は樹林に囲まれ展望はありませんが、標識裏手を僅かに奥へ行くと日留ヶ岳が見えました♪ 肉眼では塩那道路や男鹿岳、大佐飛山等も見えました♪
Dsc04658_ss

12:30 山頂出発。来た道を戻ります。

10分程下った所で単独の若者とすれ違っただけの癒し系ハイキングでした。


登山口へ続く塩那道路からの展望が素晴らしく、高原山の連なりや眼下に塩原温泉街が望め、ドライブするだけでも価値のある所でしたshine 


clip行動記録

土平園地P 11:20~12:24 弥太郎山 12:30~13:20 土平園地P

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

若見山

11/16(金) 栃100巡りで、若見山(1126m)を歩いてきました~note

前夜道の駅・湯の香しおばらで車泊。

上塩原登山口から往復しました。



駐車場(3~4台)は、国道400号沿い、上塩原スノーシェルター西側出口のすぐ先・左手にあります。

Dsc04600_ss


登山口は道を挟み駐車場の反対側にあります。

Dsc04602_ss
Dsc04601_ss


8:30 登山口出発。鉄塔巡視路を行きます。

Dsc04603_ss


緩やかな道を行きます

Dsc04606_ss


↓9:10 18号鉄塔分岐通過。17号鉄塔方面へ。

Dsc04609_ss
Dsc04611_ss

↓9:12 道は更に緩やかになりました。

Dsc04612_ss

↓9:17

Dsc04613_ss

↓9:19 面白い形の幹eyesign03

Dsc04614_ss


↓9:25 17号鉄塔分岐通過(標識なし) ピンクテープに導かれ直進します。

Dsc04617_ss



↓9:29 山頂まで、やや急な道を行きます。

Dsc04618_ssDsc04619_ss


9:40 若見山着。小休止(パン) 複数の山名板がありました。

樹間から微かに日留ヶ岳と、下山後登る弥太郎山が見えました。

Dsc04622_ss


9:50 山頂出発。来た道を戻ります。

危険箇所もなく、堆積している落葉を踏みしめながら、紅葉最盛期の艶やかさに想いを馳せた、誰にも出会わない静かなハイキングでした。


10:40 上塩原登山口着。本日2座目の弥太郎山へ。


clip行動記録

上塩原登山口 8:30~9:40 若見山 9:50~10:40 上塩原登山口

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

藤原岳

11/5(月) 鈴鹿山脈の北部に位置し、三重県いなべ市にある日本三百名山の藤原岳を歩いてきました。


前夜道の駅・ふれあいの里立田で車泊。

大貝戸登山口から往復しました。


登山口には駐車場と共に、トイレを備えた立派な休憩所がありました。

Dsc04517_ss


登山道は八合目から上は粘土質なので、泥団子を落とすための靴洗い場はタワシ付きで有難かったですgood

Dsc04518_ss_2


Dsc04519_ss
Dsc04520_ss

お天気は曇り。標高1000m付近からは濃いガスに覆われ展望なし・・・

Dsc04551_ss



↓帰路車中から見えた藤原岳(11/7・ズーム撮影)

Dsc04591_li_ss



麓の近藤ソウイングさんで山バッジを購入(¥600)しました。

Dsc04565_2_ss


藤原岳は花の百名山にも選定されており、福寿草が有名なようですねwink

Badge_fujiwaradake_ss_2



翌日は二百名山の御在所岳を登る予定でしたが、大雨により中止し、折角なので、(ハイジは初めての)お伊勢参り観光に切り替えました。



clip行動記録

大貝戸登山口P 9:05~10:50 八合目 11:05~12:00 藤原岳 12:05~12:20 藤原山荘 12:35~14:05 大貝戸登山口P

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明神ヶ岳

10/26(金) 栃木百名山の明神ヶ岳に行ってきました~note

前夜道の駅・湯西川で車泊。

水の郷センターPから滝倉橋ルートを往復しました。

当初は滝倉橋まで車で行くつもりでしたが、開いているゲートを進んでみると工事箇所に当たり完全に通行止めでしたdangerwobbly

工事箇所手前に駐車スペースがありましたが、より安全だと思われるの水の郷センターまで戻り、ウォーミングアップを兼ね林道区間約4.5キロを歩くことにしました。

7:30 水の郷センター第二P出発。

Dsc04466_ss
Dsc04468_ss


天気はお昼まで晴れ予報でしたが曇っており気温3°、周囲に見える高い山にはガスがかかっています。


↓7:54 工事現場を振り返る

Dsc04469_ss


↓8:00
Dsc04470_ss


↓8:26 明神橋通過
Dsc04472_ss


↓滝倉橋を渡った先が登山口です

Dsc04473_ss


8:30 右手に2~3台の駐車スペースあり。ちー隊長の立っている所から登ります


Dsc04474_ss
Dsc04475_ss



登り始めから落葉の堆積した急坂を行きます。

↓淡々と登る足元・右側にはこんなものがsign03dangerwobbly 転げ落ちそうな程の急斜面で・・・
Dsc04507_ss


これを見てしまってからは、急坂で苦しくとも笛を吹きまくりで登るハイジですsweat01

↓9:05-9:15 小ピークで小休止・パン
Dsc04477_ss


ここからは斜度が緩み、快適な登山道です。
古いバッテリーやワイヤーが残されている所もありました。

↓9:44 樹間から鮮やかな紅葉が見えましたmaple
Dsc04478_2_ss


↓10:05 1361mピーク通過。辺りはガスに覆われ展望なし。

Dsc04481_ss_2 Dsc04480_ss


↓その僅か下った先に金剛ゾネの標識がありましたflair
Dsc04483_ss
Dsc04482_ss


↓10:10 斜度は緩やかながら、岩交じりの痩せ尾根になりました
Dsc04484_ss


シャクナゲの藪っぽい所も通ります。
その藪を抜けると、次のピークまでいたる所に熊の糞がdangerdangerdanger
これまでの山行で、こんなに沢山の熊糞を見たことはありませんwobblysign03
幸い新しいものではありませんでしたが・・・、見つけただけでも15箇所位ありましたshock
 
Dsc04485_ss
Dsc04486_ss

   
↓10:24 熊糞ピーク(勝手に命名)通過。 ここにもdanger黄色〇部他に2つ程wobblysweat01
Dsc04488_ss  


クマ遭遇率高め??な私達ですeyesign03 
本日無事遭わずに登頂し、下山できるでしょうかsign02
びびりのハイジは憂鬱でなりませんdespair


小さく下りまた次のピークへ。


↓10:30 鞍部通過。濃い霧で視界不良

Dsc04489_ss


鞍部から山頂まで、標高差で200m程の急坂を行きますsweat01


↓10:34 登山道が笹で覆われ見えにくい
Dsc04490_ss


↓10:54 登るに連れ笹が深くなりました
Dsc04491_ss


11:00 明神ヶ岳着(大休止・パン) 何も見えない山頂ですweep
Dsc04496_2_ss
Dsc04494_ss


↓三角点も笹に隠れて見え辛かった

Dsc04492_ss


11:15 明神ヶ岳出発。来た道を戻ります。


熊糞ピークと尾根を恐々通過coldsweats01

11:55 金剛ゾネ通過。

1300m辺りの紅葉が丁度見頃でしたshine

Dsc04500_ss
Dsc04505_ssDsc04503_ss


12:35-12:45 小ピーク(小休止・パン)


↓ウリハダカエデの若木。今まで初めて見た木肌模様ですlovely

Dsc04506_ss


13:05-13:10 滝倉橋(小休止) バッタリせず無事下山出来て安堵しますhappy01

↓13:15 林道から振り返り見た景色shine   
 
Dsc04508_2_ss

 
14:05 水の郷センターP着。山中誰にも出合いませんでした。

センター内温泉で汗を流し帰路に就きました。


clip行動記録
水の郷センターP 7:30~林道~8:30 滝倉橋~9:05 小ピーク 9:15~1361mピーク~金剛ゾネ~11:00 明神ヶ岳 11:15~12:35 小ピーク 12:45~13:05 滝倉橋 13:10~林道~14:05 水の郷センターP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

三国山~大源太山

諸事情で遅くなりましたが、備忘録代わりということでcoldsweats01

10/3(水) ぐんま百名山巡りで、三国山~大源太山を歩いてきました。


三国トンネル脇Pから出発したかったのですが、トンネルが只今大工事中で、国道17号を浅貝方面へ行った所の空地に駐車し、周回しました。


Dsc04325_ssDsc04323_ss


↓8:30 三国トンネル脇から僅かに奥にある登山口

Dsc04242_ss



↓9:10 三国峠にある三坂神社

Dsc04245_ss


↓奉名板にある「ハイジ様」は、私ではありませんhappy01

Dsc04249_ss




Dsc04258_ss


↓10:15 三国山山頂

Dsc04263_ss


↓10:47 三国山を振り返る

Dsc04273_ss


↓10:54 縦走路から望む平標山(左)と大源太山(中央)

Dsc04280_ss


↓11:50 三角山から望む大源太山

Dsc04287_ss



↓12:20 大源太山山頂

Dsc04293_ss



↓13:46 標識がなければ山頂だとわからない毛無山

Dsc04310_ss
Dsc04311_ss



clip行動記録

国道17号沿いP 8:10~三国トンネル登山口~9:10 三国峠 9:25~10:15 三国山 10:30~三角山~12:20 大源太山 12:35~三角山~青年新道~13:46 毛無山 13:55~三角山登山口~車道~14:50 国道17号沿いP




10/4(木)は、旧三国スキー場跡地から稲包山を往復。

Dsc04365_ss

10/5(金)は、鹿俣山&玉原湿原を歩きました。

Dsc04425_ss
Dsc04456_ss



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

笠ヶ岳~至仏山

9/6(木) 笠ヶ岳~至仏山を歩いてきましたnote

この山行記はこちらをクリックしてください。


Dsc04122_ss

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

半月山

8/29(水) 栃木百名山の半月山に行ってきました。

この山行記はこちらをクリックしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

湯の丸山~烏帽子岳

8/3(金) ぐんま百名山の湯の丸山と、信州百名山の烏帽子岳を歩いてきました~note

中央アルプス縦走後、ちー隊長の休暇が残っていたので、8/2は美ヶ原等一般道でドライブしがてら移動。

標高1733mの地蔵峠Pで車泊。(トイレ&自販機あり)

地蔵峠を起点に湯の丸山~烏帽子岳を周回しました。

↓湯の丸山・北峰から望む烏帽子岳(右)

Dsc03937_ss

↓イワインチンを見たのは2001年の早池峰以来ですよ~lovely 

Dsc03926_ss


↓イワインチン(蕾)とシナノオトギリ

Dsc03945_ss


↓烏帽子岳から望む湯の丸山

Dsc03998_ss  


詳細は後日山行記にて。


clip行動記録

地蔵峠P 6:20~鐘分岐~7:35 湯の丸山(南峰~北峰往復) 8:05~8:30 鞍部~小烏帽子岳~9:20 烏帽子岳 9:35~小烏帽子岳~10:10 鞍部 10:15~中分岐~キャンプ場~10:55 地蔵峠P

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

三ノ沢岳~空木岳

7/30~8/1 中央アルプス・三ノ沢岳~空木岳を歩いてきました~note

当初の予定は、7/30から4泊5日・折立~雲の平~黒部五郎(テント泊)の周回でしたが、お天気予報が芳しくなく、予報の良かった中央アルプスへ急遽変更しました。

前夜菅の台BC駐車場で車泊。

7/30(月) 千畳敷~極楽平~三ノ沢岳(往復)~檜尾岳~檜尾避難小屋(泊)

7/31(火) 檜尾避難小屋~熊沢岳~東川岳~空木岳~駒峰ヒュッテ(泊)

8/1(水) 駒峰ヒュッテ~池山尾根~菅ノ台BC

ちー隊長は、木曽駒~越百山まで歩いていたものの主稜線から外れる三ノ沢岳は二人共未踏で、ハイジは百名山巡りの折り、木曽駒&空木は其々日帰りだったので、空木までの今ルートは初めてでした。


二人共数年テン泊縦走をしておらず、トレーニングもしていなかったので果たして重荷で歩けるのか??不安もありましたが、一日の行程を短くして臨みました。


↓宝剣分岐から望む三ノ沢岳

Dsc03540_ss


↓三ノ沢岳山頂。後方・御嶽山

Dsc03569_ss_2


↓三ノ沢岳から望む空木岳(中央)
Dsc03571_ss


↓主稜線で沢山見られたウスユキソウ

Dsc03595_ss


↓檜尾避難小屋。この日は6人で利用。
Dsc03645_ss


↓小屋から数分の水場

Dsc03640_ss


↓小屋の前で夕食時、オコジョに出合うlovely
Dsc03644_ss


三ノ沢岳も含め、ルート全般細かなアップダウンがあり、見た目よりもハードなコースでしたsign03 怠惰な生活を送り大幅体重増の我が身が恨めしく反省coldsweats01

二人共滑ることも転ぶこともなく、無事歩き通せて大満足の山旅でしたfullhappy01

詳細は後日山行記にて。


clip行動記録

7/30(月) 千畳敷 7:00~極楽平~7:55 宝剣分岐 8:05~9:40 三ノ沢岳 10:00~11:55 極楽平 12:10~13:30 濁沢大峰 13:40~檜尾岳~15:30 檜尾避難小屋(泊)


7/31(火) 檜尾避難小屋 5:25~5:40 檜尾岳 5:45~7:25 熊沢岳 7:55~9:45 東川岳 9:50~10:15 木曽殿山荘 10:25~12:25 空木岳~12:30 駒峰ヒュッテ(泊)


8/1(水) 駒峰ヒュッテ 7:40~駒石~9:20 迷尾根 9:30~マセナギ~10:55 水場 11:10~11:55 林道終点~12:05 三本木地蔵 12:10~13:00 菅ノ台BC



| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

«温泉ヶ岳~根名草山